ロイブ 札幌 ホットヨガ

ホットヨガとは?

 

ホットヨガとは、高温多湿な環境で行うヨガをいいます。
ロイブのホットヨガスタジオでは、常に、室温38℃、湿度65%にキープしています。
この温度、湿度は、汗をかきやすいだけではなく、呼吸もラクでありカラダをいちばん柔軟にしてくれ、筋肉が伸縮しやすくなり、常温で行うよりも可動域が広がります。

 

湿度が低い方が汗はすぐに乾きそうですが、実はすぐに蒸発してしまうと肌が乾燥します。逆に湿度が高すぎると、蒸発されずにベタベタとまとわりついてしまいます。
温度と湿度が絶妙なバランスに保たれた環境でゆったり動き、ポーズをとることにより、ホットヨガの効果を最大限に引き出してくれるのです。

 

また、高温多湿な環境で行うことで、運動をした際の体力の消耗は激しくなります。
ということは、無理のない軽い運動でも運動効果があり、しっかりと汗をかくこともできるというわけです。